スターの人生 スターの半生
有名人の人生・半生をピックアップ。その人生はどんなものだったのかをご紹介します。
06 | 2012/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GRAY グレイ
常に華やかな話題を振りまき、多くのファンを魅了し続けているGLAY。
そんな彼らの歴史の始まりは、1988年までさかのぼります。
GLAYは全員、北海道函館市出身ですが、
最初から、Takuro、Teru、Hisashi、Jiroの4人で活動していたわけではありません。

結成は、TakuroがTeruに声をかけたところから始まります。
憧れのジョン・レノンの影響で、
早くからオリジナル曲の作詞作曲を始めていたTakuroは、
バンドを組もうと別のバンドで活動していたTeruに声をかけます。
二人は、小学校と中学校が同じだったことから、意気投合しすぐにGLAYを結成。

しかし、このとき、まだこのバンドには、
肝心なボーカルがいませんでした。
今でこそ、GLAYのフロントマンとしてボーカルを務めているTeruですが、
実は結成当初、彼はドラムだったのです。

そんなTeruがボーカルになったのは、些細なことがきっかけでした。
早くから、バンドとして成功したいと考えていたTakuroが、
思うようなボーカルに出会えず、途方にくれていたときのことでした。
Teruが、デモテープに自分の声で歌を入れてTakuroの元に持ってきたのです。

Teruは、曲を歌つきで聴いてみたかったという理由で
気軽に吹き込んできたのですが、Takuroはその歌声に衝撃を受けます。
テープから流れてきたのは、まさに彼が求めていた理想の声だったのです。

Takuroは、すぐTeruにボーカルになることをすすめ、
早速ライブ活動をスタートさせたのです。
その後、別のパンクバンドで活動いていたHisashiがギタリストとして参加。
地元のライブハウスを中心にライブを行い、
オリジナルのカセットテープもつくって販売するなど、
高校生でありながらも、積極的に音楽活動を展開していったのです。

地元の北海道函館市で、成功を夢見ながら、
高校生なりに、地道に音楽活動を展開していったGLAY。
高校の卒業を間近に控えたある日、GLAYは大きな決断をします。
高校生バンドにとって、卒業イコール解散という方程式がある中、
彼らだけは違っていました。
卒業と同時に、上京することを決めたのです。
とはいえ、5人いたメンバー全員が東京行きを決めたわけではありませんでした。
それぞれの将来を考えた結果、
Takuro、Teru、Hisashiの3人が上京を決めたのです。

こうして、意気揚々と東京へ進出した3人。
地元ではファンもつき、自信満々だった彼らでしたが、
上京して早々、大きな絶望を味わうことになります。
それは、東京で最初のライブをしたときのことでした。
お客さんが、たった2人しかいなかったのです。
友達も知り合いもほとんどいない土地でのライブだったとはいえ、
その後、上京して2年たっても、お客さんが一人もいないライブもあったのです。

しかし、そこですぐに投げ出してしまうほどの気持で上京していたわけではありません。
「お金を払ってライブに来てくれる人を、楽しませなければならない」
という思いをひとつずつ形にしていった結果、徐々に観客が増えていったのです。

こうして、150人もの観客を集められるようになった彼らに、更なる追い風が吹きます。
それは、ベースのJiroとの出会い。
憧れのライブハウス新宿「ロフト」への出演が決定した前祝のパーティーに、
たまたま参加していたJiro。
1つ年下の彼は、同じく地元函館の高校を卒業し、
バンド活動をするために上京してきていたのです。
ちょうどベースのメンバーが欠けていた彼らは、Jiroに声をかけ、
彼をGLAYのメンバーとして迎え入れます。
こうして4人なったGLAYは、新しく加入したJiroの意見で、
ライブハウスやレコード会社にデモテープを持っていくなど、
さらに積極的に活動を展開していったのです。
最後のメンバーJiroが加入したことで、ついにメンバーがそろったGLAY。
上京して数年。それぞれがアルバイト生活で生活しながらも、
ライブをすれば、客が100人以上入るというところまで成長していました。
そんな彼らに突然、大きなチャンスが訪れます。

1993年10月のことでした。
いつものライブハウスに集まったファンの中に、
見慣れないスーツに身を包んだ金髪の男性が紛れ込んでいました。
その男性こそ、Xジャパンのリーダー、YOSHIKIでした。
YOSHIKIが主催するインディーズレーベル「エクスタシー・レコード」は、
アマチュアバンドにとっては、夢の入り口である憧れのレーベルです。
そんな憧れの人物からライブ終了後、声をかけられたのです。

さらにその誘いは、彼らの想像をはるかに超えたものでした。
まずは、エクスタシーレコードからアルバムを出し、
その上、新しいメジャーレーベル「プラチナム・レコード」の
第一弾アーティストにならないかというのです。

この願ってもないチャンスを手にした彼らは、
デビューが決まったとたんに、アルバイトをやめてしまいます。
こうして、約束どおり、エクスタシーレコードからアルバム『灰とダイヤモンド』を、
さらに「プラチナム・レコード」から、シングル『Rain』をリリースしたのです。

このシングル『Rain』は、YOSHIKIがプロデュースしたということで話題を呼び、
新人としては異例の、15万枚を売り上げます。
しかし、その後数枚のシングルをリリースするも、なかなか大きなヒットが生まれません。
それでも、あきらめずに1年間の試行錯誤を繰りかえし、
満を持して6枚目のシングル『Yes Summerdays』をリリース。
これが、ついに全国的なヒットを生み出したのです。
こうして、翌年1996年2月にリリースしたメジャー第2弾アルバム『Beat Out』は、
チャートで堂々の初登場1位を獲得したのです。

ついに、国民的アーティストへと成長を遂げたGLAY。
1996年11月にリリースした3rdアルバム『Beloved』は、
チャートで初登場1位を獲得し、更に初めてのミリオンを達成します。
その後は、出すシングル出すシングルが、必ず初登場1位を獲得。
さらに、彼らの人気はとどまるところを知らず、
音楽活動以外では、東京-札幌間を結ぶ飛行機の機体に大きくGLAYのメンバーが描かれた、
有名な「Glay Jumbo」(グレイ・ジャンボ)が就航し、話題を呼びます。
それと時を同じくして、彼らはもうひとつ、日本の音楽史に残る事件を起こします。
それこそ、「Makuhari Messe 10th Anniversary Glay Expo’99 Survival」。
なんと20万人を動員するという伝説を残したのです。

このように、数々の記録を打ちたてていった彼らでしたが、
次第に、周囲の「次はいったい何をやるのか」という期待に答えようとするあまり、
記録を塗り替えることが自分たちの使命のように感じ始めます。
そして、1999年の暮れのことでした。栄えある日本レコード大賞の受賞をめぐって、
意見が割れたときのことでした。
レコード大賞を受け取るべきか、受賞を辞退するかで悩んだ彼らが出した答えは、
「レコード大賞を受賞して、解散しよう」というものだったのです。

しかし、その彼らが出した答えは、一瞬にして覆ることになります。
解散の話し合いをしていたときのことでした。
周囲の期待に押しつぶされそうになっていた自分たちに、ふと気づいたのです。
「自分たちは、今年もまたいい曲を作り、いいライブをやっていけばいいだけ」。
そう気づいたことで、彼らは解散の話を白紙に戻します。

こうして、その後もコンスタントにCDをリリースしていったGLAY。
2002年秋には、中国を訪問し大規模な無料ライブを行い、中国でもその人気を示しました。
そして、2010年10月、彼らは自ら立ち上げた新レーベル「loversoul music & associates」から、
3年9ヶ月ぶりのアルバム『GLAY』をリリースしたのです。                                
最新アルバム『GLAY』について、TAKUROは
「キラキラして前だけ向いていたデビューの頃と同じように、
この作品は2度目のデビュー・アルバムという気持ち」と語っています。
スポンサーサイト
村上春樹
村上春樹が生まれたのは1949年の京都市、
物心がつく前には兵庫県西宮市に引っ越し、
以後少年時代を阪神地区で過ごすことになります。
父も母も国語の教師で、
食卓の話題が「枕草子」や「平家物語」という教育熱心な家庭でした。

そんな両親の教育方針からか、
子供の頃の村上は、本を好きなだけ読むことができました。
毎月「世界文学全集」や「世界の歴史」を配達してもらったり、
近所の本屋さんではツケで本を買うことができる環境。
当然のように読書少年として成長することになります。

しかし、両親が日本文学のことばかり話すのにうんざりしていたこともあって、
村上が選んぶ本は、海外小説ばかり。
中学時代にはトルストイやドフトエススキーなど、
ロシアの文学に強く惹かれる早熟な少年でした。
英語にも大変興味があり英会話を勉強することを勧めています

中学時代の村上が熱中したものがもうひとつあります。
それは、ジャズ。
元々外国のポップスを好んで聞いていた村上、
中学3年生のときに、
神戸で「アートブレーキーとジャズ・メッセンジャーズ」を聞いた瞬間、
大きな衝撃を受け、それ以来ジャズの虜となってしまったのです。
以降、昼食を抜いてはレコードを買いあさる日々が始まったのです。

子供の頃から海外小説に親しみ、
中学時代にはジャズに目覚めた村上春樹。
大学は一浪した後に早稲田大学の文学部に入学、
生まれて初めて関西を離れ、東京で一人暮らしを始めました。

ところが、村上はほとんど大学に行かず、
夜の新宿でバイトをしながら、
映画を見ては、歌舞伎町のジャズ喫茶に入り浸る生活を送り始めます。

そして、そんな決してまじめとは言いがたい大学生活の中、
村上は大きな出会いを果たします。
それが、後に妻となる高橋陽子。
たまたま授業で隣り合わせたことをきっかけに交際スタートとなった二人。
大学3年のときには、一緒に住むようになり、
「潔くない」と同棲を嫌った村上は、早々と結婚を決意。
学生結婚で彼女の実家に居候するようになったのです。

しかし、所帯を持ったからには、いつまでも居候をする訳にもいかないと、
就職活動らしきものもしましたが、
どうしても会社に属して働くことになじめません。

そこで、「自分の手で材料を選び、物をつくって、客に提供できる仕事」がしたいと、
夫婦で必死に働いて2年間で250万円の貯金。
さらに銀行から250万円を借金して、ジャズ喫茶を開店します。

学生時代にジャズ喫茶を始めた村上春樹。
昼はコーヒーを出し、夜はバー、週末には生演奏が聴ける店として、
まずまずの成功を収めます。

とはいえ、その生活はハードで、
朝早くから真夜中まで店にかかりっきりの日々。
採算が取れるようになり、一息つけるまでに20代をほとんどついやしました。

そして、30代を目前にした1978年、4月1日の午後1時半頃、
村上自身、それまで予想もしなかった新しい道への一歩を踏み出すことになります。

それは、神宮球場の外野席でひとりビールを飲みながら
スワローズ対カープの試合を眺めていたときのこと。
1回の裏、先頭バッターが2塁打を放った瞬間に
「そうだ、小説を書いてみよう」という想いが、
空から舞い降りるように、村上の頭に浮かんだのでした。

それまで小説を書いたこともなく、
具体的なイメージもない中での思いつき。
とりあえず、原稿用紙と万年筆を購入し、
ジャズ喫茶の仕事の合間を縫って小説を書き始めます。
そして4ヶ月後、原稿用紙200枚程度の小説を完成。
そのまま勢いに任せて文芸誌の新人賞に応募します。

こうしてぶっつけ本番のように書き上げた処女小説が「風の歌を聴け」。
この作品は、第22回群像新人文学賞を受賞。
その後単行本となり、あっという間に
村上の作家としてデビューが決まったのでした。

村上春樹29歳、後の人気作家のやや遅めのスタートでした。
29歳で小説家としてデビューした村上春樹。
アメリカ文学から影響を受けた文体で注目を集め、
デビュー作「風の歌を聴け」と2作目「1973年のピンボール」、
2作続けて芥川賞候補に挙がるなど、すばらしいスタートを切ります。

しかし、この2作品は村上にとってあくまで「書くことを楽しむ為に書いた」作品。
忙しいジャズ喫茶の経営の合間を縫って書き上げたものでした。
「深い内容の、奥行きのある作品をつくりたい」。
次第にそんな想いが村上の心にわき上がってきます。

そこで、村上は軌道に乗っていたジャズ喫茶を人に譲り、
小説家に専念することを決意します。
こうして逃げ道を断つ様にして書き上げた作品が、「羊をめぐる冒険」。
この作品で村上は第4回野間文芸新人賞を受賞。
自身の小説作りに確かな手応えを感じ取りました。

そして、そんな村上の名を一気に広めた作品こそ
現在、上下巻合わせて1000万部以上の発行部数を誇る
日本屈指の人気小説、「ノルウェイの森」です。
この作品で村上は一躍、国民的作家となります。

その人気は日本だけにとどまりません。
彼の作品は様々な国の言葉に翻訳され、世界各国で愛され、
2006年にはフランツ・カフカ賞やフランク・オコナー賞という
国際的な文学賞を続けて受賞。
特にカフカ賞はノーベル文学賞の前哨戦とも呼ばれる文学賞だった為、
村上は、現在「最もノーベル賞に近い日本人作家」と呼ばれるようになりました。
今や「世界のムラカミハルキ」となり、「1Q84」の大ヒットで「1Q84現象」とも言うべき社会現象を巻き起こしました


【PR】 英会話習うならオンライン英会話欧米ネイティブのアルク!



リンク

このブログをリンクに追加する

人物検索

プロフィール

パパラッチ

Author:パパラッチ
ようこそいらっしゃいました。
私の好きな心に残る有名人の一生、または、その半生についてのサイトです。それぞれの一生、人生を考えるとホントに元気が出てきますよ!
お楽しみください(*^_^*)

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。